発見!これがカンボジアスタンダード・・・!

dXT5zn2Y

こんにちは!じゃりです(^^)

 

今日はカンボジアに約1年住んでいて驚きの発見をしたのでシェアさせてください。

 

 

 

 

先日、パートタイムのスタッフからフルタイムで働きたいと相談がありました。

 

マッサージ歴9年のベテランの彼女(Aさん)。うちのお店で働き始めてからはまだ半年程度。

 

お給料もろもろの話をしてお話し終了。じゃあ明日からね!

 

ということで、話はまとまったはずなんだけど、

 

それを聞きつけた1名のスタッフが怒っているとの情報が。

 

「何で怒ってるの?」と聞くと、

 

どうやらフルタイムで働くことになったAさんのスタート給与額が気に入らないらしい。

 

 

 

・・・え???

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

彼女が怒る理由

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

それ関係なくない??ていうか、

 

怒っている彼女(Bさんとする)はマッサージ歴4年。

 

に対してAさんはマッサージ歴9年。

 

年齢だってAさんは30代で娘もいるのに対して、Bさんは20代前半未婚。

 

経歴だけで見ても、今まで積み上げてきた経験と技術があるんだから差が出るのはあたりまえでしょ?

 

と私は考えていました。(ちなみに、2人の給与差は20ドル)

 

 

そして、それについて下手くそな図まで書いてカタコトの英語とクメール語で説明しました。

 

 

 

 

 

でも、違ったんです。

 

 

カンボジアでは、今まで築き上げてきた経歴よりも、

 

そのお店でどれだけ長く働いているかどうかの方が大切なんだそう。

 

(もちろん、語学ができるとか、マッサージ以外にスキルの差があるとかの場合は別です。)

 

 

つまり、Aさん・・・勤務歴6カ月、Bさん・・・勤務歴1年 となると

 

Aさんの経歴がどんなに長くとも、Bさんより給料が高くなるなんてありえないでしょ?!

 

と言っているのです。

 

 

他のお店でもそうらしく、どんなに経験があっても新しいお店に新規入社という形になると、

その分野の経験年数が少ない子よりも低い、または同等のお給料から始まり、

そして語学など周りが納得するスキルがない限りその子よりも上にはならないんだとか。

日本とカンボジアは違うんだよ、と教えてもらい、衝撃・・

 

 

 

キャリアって積み重ねるものなんじゃないの?!

 

 

 

10年専門職やってて、職場が変わっただけで2年目や3年目の人よりお給料低かったら泣きたくなるよ・・・

 

今までどんなに頑張ってきても、たった一度の転職でチャラになっちゃうなんて・・・

 

 

でも。

 

 

 

 

 

 

それがカンボジアンスタンダードなんだね・・・!!

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ホントにスタンダードなの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

なんとも複雑な気持ちになりましたが、郷に入れば郷に従え?

 

一度話した給与額から20ドルも下げてしまうことを申し訳なく思いつつ、

 

 

「Bさんが怒っているから」

 

 

というただそれだけの理由(なんちゅー理由やww)でお給料の変更をAさんに提示。

 

(正直、私は経験年数は十分お給料に値する必要なものだと思ってたので、

彼女が渋ったらこっそりそのままのお給料で、Aさんを口止めしようと思ってました(笑))

 

 

 

 

が、しかし

 

 

 

 

・・あっさりOK・・・

 

ホントにカンボジアンスタンダードなんだ、これ・・・!

 

と思いがけない結果に少々驚きました。

 

 

 

相も変わらず突然辞めちゃうスタッフと、

知らなかったカンボジアンスタンダード・・

 

勉強になった2日間でした。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ワンナック

 

順調にキャリアを積み重ね、確実に昇給を狙っていくには

 

同じところで働き続ける

or

引き抜き

 

がベスト・・・!?

 

ということで、スタッフが引き抜かれちゃうくらい経験もスキルもアップできたら

 

カンボジアのためにもなって

 

スタッフのためにもなっていいなあ・・・✨ なんて思うワタシでした。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

GiveGrow川瀬はこんな人!

川瀬の熱い想い、アメブロ

川瀬ブログバナー(H250xW400)-02

現地をリアルタイムに感じる!

川瀬が発信するカンボジア

GiveGrow公式Facebook

ページ上部へ戻る