カンボジア人スタッフと働くということ(動画付)

キャプチャ 赤ちゃん

【カンボジア人スタッフと働くということ】

 

私はまだ半年しかカンボジア人スタッフと働いていませんが、この半年間で思うことがあります。
それはカンボジア人と働く上で大切なのは、ある意味である程度の妥協が必要だということです。

 

カンボジア人は仕事より何より家族や自分が大事。
仕事は優先順位のずーっと下で、
家族のお世話をしないといけないから、
といった理由で簡単に仕事を休みます。

 

日本でだったら考えられない!
と初めはイライラすることもありましたが、それがカンボジアなのです。

 

しかしそれでも、そのカンボジア人の考えをある程度受け止め、
さらにカンボジア人が家族を大事にするように、
私も同じようにスタッフやスタッフの家族も大事にしようとすると私の中で様々な変化が見られました。

ここは日本ではないので、日本でのやり方をカンボジア人スタッフに押し付けるだけでは上手くいきません。
スタッフの意見を受け止めながらも、
こちらの考えを少しずつ理解してもらう。

 

そのためには話し合いの時間がかなり必要で気力も使いますが…(笑)

 

夜中の3時までカンボジア人スタッフと話し合ったこともあります。

カンボジアだからこそ、起こりうることは沢山あります。
しかし、相手の気持ちに寄り添うこと、
これに関しては、カンボジア人に特化したことではなく、日本で生活する上でも必要になってくると思います。

 

どれだけ相手のためを思って考えることができるのか、私はこちらに来て改めてこの大切さを痛感しました。

 

まだまだ理解し難いことも多々ありますが、
自分が惚れたこのカンボジアという国で、
スタッフと向き合いながらこれからも頑張っていこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

GiveGrow川瀬はこんな人!

川瀬の熱い想い、アメブロ

川瀬ブログバナー(H250xW400)-02

現地をリアルタイムに感じる!

川瀬が発信するカンボジア

GiveGrow公式Facebook

ページ上部へ戻る