なぜ看護師を辞めてカンボジアに転職先したのか?

egao

なぜ看護師を辞めて、カンボジアに転職したのか?

 

前回、
私が看護師を辞めて海外に出た理由
という記事を書かせて頂きました。

 

今回はその続編です。

 

 

私はカンボジア激動ツアーに参加後、
日本に帰国し看護師を辞め、カンボジアに戻ってきました。

 

今でも、「なんでカンボジアなの?」と言われることが多いです。

 

なんでカンボジアだったのか?

 

私には不思議で仕方なかったんです。

貧困や危険など、マイナスイメージの強いカンボジア。
今もそう思われる日本人の方、多いと思います。

 

でも、カンボジアに行った人から聞く言葉はイメージとは違う言葉ばかりで、
写真で見るカンボジア人は、子どもも大人も素敵な笑顔ばかりでした。

 

「なんで?」とずっと思っていました。

 

貧しいはずなのに、なんでこんなに幸せそうなの?
危険なはずなのに、なんでこんなに楽しそうなの?

 

高校生の時から気になっていて、ずっと思っていました。
百聞は一見に如かずだ!これは自分で見に行くしかない!と。

 

ですが、
学生の時は学業が忙しいから、お金がないから。
社会人になってからは仕事が忙しいから、時間がないから。
あとは衛生面が心配だとか、治安が心配だ、言葉が話せないから・・
という理由で、先延ばしにしてきました。

 

でも、行かない理由を並べ立てていたら、
私はいつまでたっても行動に起こせないまま
やりたいこともできずに後悔するような気がして。

 

ひとつひとつの言い訳に対策を立てて、
激動ツアーを探して選んで、参加しました。

 

実際に行ってみたカンボジアの人々は、フレンドリーで楽しそうで。
日本と比べて決して裕福とは言えない環境の中で、
家族や近所の人、友だちと一緒に幸せそうに笑っていました。

 

そんなカンボジアに、たくさんの勇気と元気をもらえました。

 

『日本にはない何かがある。』
それはいったい何なんだろう?

 

日本にはなくてカンボジアにあるもの。

 

私がカンボジアで何を感じたのかは、

また次回お話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

GiveGrow川瀬はこんな人!

川瀬の熱い想い、アメブロ

川瀬ブログバナー(H250xW400)-02

現地をリアルタイムに感じる!

川瀬が発信するカンボジア

GiveGrow公式Facebook

ページ上部へ戻る